最近は大手のスーパーがWEBを使って発注をしてきます。

時給と労働条件を比較検討する
時給と労働条件を比較検討する

能力によって時給を変えています。

最近は大手のスーパーがWEBを使って発注をしてきます。この場合、データーをダウンロードできるようになっておりそれをダウンロードすることによって発注を知りそれを利用してピッキングリストや納品書を製作することができるようになっています。しかしこれを利用する為にはデーターベース処理ソフトを使わないといけません。しかしこのソフトを使える人は少ないです。ワープロソフトや表計算ソフトを使える人はたくさんいますが、データーベース処理ソフトは難しいし使う場面が限られているから使える人が少ないわけです。その為このソフトを使える人は重宝です。

それで私の会社ではこのソフトに対して知識を持ち使いこなせる人の時給を高めにしています。また元々の事務員でも勉強してデーターベース処理ソフトが使いこなせるようになると時給を上げるようにしています。この方法を使うようになってからソフトを使いこなせる人が少しずつ増えるようになってきました。ある程度の事務員がこのソフトを使いこなせるようにならないと使える事務員が辞めた時に困ってしまいます。能力のある人の時給を上げて他の人と差をつけるようにして事務員さんに勉強をする気を起こさせるようにしたわけです。

Copyright (C)2021時給と労働条件を比較検討する.All rights reserved.